富士吉田市 税ナビ!
トップページへ サイトマップ
税の種類
証明書
申請書ダウンロード
納税方法
滞納処分について
公売
Billingual
ENGLISH
中文
korean
文字サイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトの現在位置
トップお知らせ新型コロナウイルス感染症の流行に伴う後期高齢者医療保険料の減免について
 
2020年6月25日 更新
印刷用ページを開く
新型コロナウイルス感染症の流行に伴う後期高齢者医療保険料の減免について
新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、収入が減少された世帯につきましては、

下記の要件を満たすことで、後期高齢者医療保険料の減免措置・軽減措置を受けることができます。

内容をご確認いただき、該当する方につきましては申請書を提出してください。



 

1.  対象になる方

 

   【全額免除】

    新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者が死亡もしくは、重篤な傷病を負った世帯の方

 

   【一部減免】            

   ▽ 以下の3つの要件をすべて満たす方

   @ 世帯の主たる生計維持者の事業収入等、いずれかの収入が前年と比較して10分の3以上減少する

      見込みであること

   A 世帯の主たる生計維持者の前年の合計所得金額が1,000万円以下であること

   B 世帯の主たる生計維持者の収入について、前年と比較して10分の3以上収入が減少する見込みの

     ある所得以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること


   * 世帯の主たる生計維持者とは、原則世帯主のことをさします。

 

   ↓ ご自身が対象となるかどうか、こちらからご確認ください ↓

      div/kazei/pdf/kouki3.pdf

 



 

  2.  減免の対象となる保険料額について

 

   減免の対象となる保険料額は、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に納期限が設定されているもの

   年金から天引きされている場合は、天引き対象の年金給付の支払日が対象期間のもの

 



 

 

 3.   減免金額について

 

   【全額免除】の対象の方

    対象となる保険料の全額が免除されます。

 

 

   【一部減免】の対象の方

    下記計算式のとおり、減免が適応されます。

 


 

 

    * 世帯の主たる生計維持者の事業等の廃止や失業の場合には、主たる生計維持者の令和元年中の

       所得の合計額にかかわらず、減免割合は10分の10となります。

 

   

◎所得とは?

     収入の額から必要経費、給与所得控除、公的年金等控除等を差し引いた額のことをいいます。

 

 



 

 

  4.  申請方法及び提出書類

 

   各該当の必要書類等を準備し、郵送または窓口持参にて提出してください。

   感染症拡大防止および窓口混雑緩和のため、極力郵送での申請をしていただきますよう

   ご協力をお願いいたします。

 

【全額免除の該当者の提出書類】  主たる生計維持者が死亡または重篤な傷病を負った場合

    ・ 後期高齢者医療保険料減免申請書

    ・ 死亡診断書の写しまたは重篤な傷病の場合は医師の診断書の写し

    ・ 本人確認のできる身分証明書

    ・ 印鑑

 

  【一部減免の該当者の提出書類】  主たる生計維持者の収入が10の3以上減少した場合

    ・ 後期高齢者医療保険料減免申請書

    ・ 収入状況等申告書

    ・ 保険金、損害賠償等により補てんされるべき金額がある場合、保険金振込明細書 等

      (※国、都道府県からの各種給付金は含まれないものとする。)

    ・ 令和2年1月〜直近までの収入の分かる次のいずれかの資料(10分の3以上減少したことが分かるような資料)

      営業収入の減少の場合

      ・所得税確定申告書、住民税申告書の写し及び収支内訳書、青色申告決算書の写し(令和元年分)

      ・令和2年1月1日から直近までの事業収入がわかるもの(帳簿や通帳 等)     

      不動産収入の減少の場合

       使用料が振り込まれた通帳 等    

      給与収入の減少の場合

      ・源泉徴収票の写しまたは所得証明(令和元年分)

      ・令和2年1月1日から申請日前月までの給与明細

       (※以後の収入が休職等により見込まれない場合は申請事由にその旨を記載)    

      事業の廃止・失業等の場合

       事業を廃止または失業したことを証明するもの(廃業届、離職票 等)

    ・ 本人確認のできる身分証明書

    ・ 印鑑

 

     ※ 申告をされている方につきましては、富士吉田市の課税資料を参照することで対応いたします。

     ※ 申請書類に関しましては、こちらのホームページ上でダウンロードしていただくか、

       お電話でお問合せいただければ郵送させていただきます。

     ※ 減免の申請につきましては、対象となる保険料の決定通知書がお手元に届いてから申請してください。

       (令和2年度の後期高齢者医療保険料の決定通知書は7月7日(火)に発送いたします。)
 

    《郵送先》 〒403-8601 富士吉田市下吉田6丁目1番1号

         富士吉田市役所 税務課 市民税担当 後期高齢者医療保険料係 宛て

 

    《提出先》 富士吉田市役所 税務課 市民税担当(8番窓口)

 

 



 

 

  5.  減免の決定について

 

     市に提出された申請書は、市から山梨県後期高齢者医療広域連合に送付し、

     山梨県後期高齢者医療広域連合が書類の審査を行い、減免対象の有無を決定いたします。

     減免の対象となった方には、決定通知を送付いたします。

 

     ※ 納付方法が特別徴収の場合は、特別徴収が停止するまでに2か月程度時間を要する場合が

       ありますのでご了承ください。

 

     リンク:山梨県後期高齢者医療広域連合「保険料について」(外部リンク)


 

 



 

 

  6.  申請書等様式

 

     申請に必要な申請書等はこちらからダウンロードしてください。

 


     ・ 収入状況等申告書



 


本文終わり
ページのトップへ

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

富士吉田市役所 税務課
〒403-8601  山梨県富士吉田市下吉田6丁目1番1号
Tel: 0555-22-1111  Fax: 0555-22-1303
E-Mail: こちらから
受付時間 
午前8時30分〜午後5時15分(月・火・木・金曜日)午前8時30分〜午後7時(水曜日)土・日曜日、祝祭日は受付できません